【事務机は中古品がお勧め】必要な備品を低予算で揃えよう

職場に合ったタイプを選ぶ

知っておきたい事

オフィスデスク

職場で使用する事務机には、いくつかのタイプがあります。
タイプによって使い方や相場も様々です。
どんな事務机が職場に合っているのか、事前にしっかり調査してから購入する事がとても重要になります。
そこでここでは、代表的な事務机を取り上げたいと思います。
まず最初に、最も汎用性の高い平机について説明します。
平机は横長で左右に足があるだけの、とてもシンプルなデザインです。
横幅と奥行きの長さと素材によって、相場は異なります。
最も高い平机では15万円前後しますが、簡易タイプでは1万円前後で購入する事が出来ます。
安定感を求めるのであれば、多少費用が高くても良い平机をお勧めしたいです。
続いて、片袖机について説明します。
このタイプの机は、右側に引き出しが備わっております。
個人机として、幅広く使われているタイプの事務机です。
職場のどのようなレイアウトにも、適用しやすいタイプです。
引き出しには鍵が付いているので、セキュリティもしっかりしております。
相場は、3万円から5万円くらいが普及帯となっております。
机の両サイドに引き出しがあるタイプの事務机は、両袖机と呼んでおります。
こちらも個人机として使用されますが、書類や荷物が多い職業に向いております。
主に、経理の職場で人気のタイプです。
相場は4万円から7万円前後となっております。
最後に、L字型机について説明します。
このタイプの事務机は、社員一人一人に対するスペースが十分確保されていて、落ち着いた空間を重視している職場に向いております。
パソコンと作業スペースを確保したい場合にも、このタイプはお勧めできます。
相場は、片袖机と同等であります。

働きやすい空間に

オフィス

事務机は、職場環境を良くするためにも、オフィスの内装デザインに合わせて選ぶことが大事です。
フロアが白色の場合は、同じ白色の事務机を、壁に木目調のクロスが張ってある場合は、木製の事務机を設置するといった具合です。
またカラフルな色合いや半透明の、ガラスやアクリル製の事務机もあります。
さらに色合いや材質だけでなく、形状も内装に合わせる必要があります。
やや狭いオフィスの場合、デッドスペースを少なくするために、壁に沿ってコーナー部分にも設置できる事務机を選ぶと、空間にゆとりのある開放的なオフィスとなるのです。
もちろん特殊な間取りとなっているオフィスの場合、それに合わせなければなりません。
フロアが三角形や台形をしたオフィスでは、鋭角や鈍角のコーナーに合う事務机を、円形のブースがある場合は、丸みのある事務机を設置するのです。
このように内装や間取りを考慮して事務机を設置すれば、オフィスの見た目はもちろん使い勝手も良くなります。
これによりスタッフが働きやすくなることから、ビジネス成功のためにオフィスレイアウトにこだわるという経営者も多くいます。
また近年では、専門業者にオフィスレイアウトを任せるという経営者も増えています。
オフィスやスタッフの人数に合わせて、適した事務机を用意してもらえるので、手軽にベストな職場環境にすることができるのです。
もちろん賃貸オフィスの場合は、退去時を想定して、搬出しやすい事務机が選ばれます。

十分なシミュレーションを

男性

事務机は、仕事の効率が良くなるように配置しなければなりません。
それ次第で、業績が上がったり下がったりすることもあるのです。
たとえば複数の社員でひとつの仕事を進めていく場合には、事務机の背面や側面を合わせて設置する必要があります。
具体的には、まずは2台の事務机を向かい合わせに設置し、さらにその側面から挟むように、別の2台の事務机を設置するのです。
こうすれば4人の社員が、それぞれの手元の書類を確認したり、意見を交わしたりしながら、効率良く働くことができます。
また、個々の作業効率のアップを求める場合には、各事務机を別々の場所に設置します。
壁際に設置すると、視界に他人が入らない分、個々が仕事に一層専念しやすくなります。
スペースの問題上、距離を置いて設置できない場合は、事務机の間にパーテーションを設置すると、専念しやすい環境になります。
また上司の事務机を、フロア全体を見渡せる場所に設置することも大事です。
これにより社員のサボタージュやトラブルのリスクが低下すれば、やはり業績はアップしやすくなるのです。
このように、オフィスにおいて事務机の配置は重要なことなのです。
もちろん適した配置にするためには、オフィスそのものの形や面積にも気を付ける必要があります。
狭すぎると向かい合わせでの設置が難しくなりますし、広すぎると上司が見渡すことが困難になります。
そのためオフィスの新設や移転の際には、事務机の理想的な配置ができるかどうかを、十分にシミュレーションする必要があります。

職場に合ったタイプを選ぶ

オフィスデスク

事務机は、タイプによって使用方法や相場が異なります。汎用性の高いタイプは平机でして、大きさや素材で相場が異なります。個人机としては、片袖机や両袖机が使用しやすいです。両袖机の方がやや相場は高めです。十分なスペースがあって、パソコンと作業スペースを確保したい場合は、L字型の事務机が良いです。

もっと読む

デスク選びの心得

社内

事務机を選ぶ時、開業直後など予算に余裕がない場合は、安くても新品に劣らない中古品を買うことも大きな選択肢です。また、デザインも大切なポイントとなります。特に色合いには注意しましょう。内装によく合い違和感のないこと、落ち着いて仕事ができるものであることを基準に選びたいものです。

もっと読む

オフィスに欠かせないもの

男の人と女の人

そのオフィスにあった事務机を用意する事はとても大切です。統一感が生まれるので、より作業効率アップが期待できます。また、事務所の見た目がしっかりしている事で、他の企業等から信頼してもらう事ができます。プライスダウンしているものもあります。

もっと読む