【事務机は中古品がお勧め】必要な備品を低予算で揃えよう

デスク選びの心得

価格やデザインをよく検討

社内

企業活動に必要なアイテムの一つが、事務机です。
事務机を選ぶ際に、まず予算の制限は無視できません。
特に開業する場合などは、まだ予算に余裕がないことも多いでしょう。
新しいスタートには新品をそろえたいという人も少なくないですが、新品は価格がそれなりにするため、手を出しにくいことも考えられます。
そこでおすすめなのが、中古品です。
中古品と言っても、市場で売られているものはまだ十分使用できるものですし、クリーニングや修理がされており、新品と比較しても遜色ないものがほとんどです。
そうでありながらも値段は割安に設定されていますので、非常にお得と言えます。
新品にあえてこだわらないことで、安くて良質の事務机を入手することが可能なのです。
また、事務机のデザインも重視すべきポイントです。
仕事に使う道具なので機能性ばかりを重視しがちですが、そのデザインは内装全体の印象を大きく左右します。
例えば色合いが白系ですとさわやかですっきりした印象、黒系ならばモダンでシックな印象を与えます。
内装全体をよく見渡して、よくマッチして浮くことのない色合いの事務机を選択しましょう。
さらに、事務机の色合いは仕事に影響することもあります。
あまりおしゃれで派手なものを選ぶと、集中力が持続しなかったり目に違和感を覚えることも考えられます。
おしゃれさを求める場合でも、原色ではなく薄いグリーンやブルーなど、やわらかい色調のものがおすすめです。

通販ではサイズを確認

デスク

オフィスを構えて経理業務やパソコン作業などの事務を行うためには、オフィスデスクとも呼ばれる事務机が不可欠となってきます。
事務机にも平机や片袖机・両袖机などいろいろなタイプがあり、製品によってサイズや付加機能が異なるものです。
新規にオフィスを開業する目的や買い替えの目的で事務机を購入する際には、オフィスのレイアウトと使用目的に合わせて最適な製品を選ぶことで作業効率が高まります。
事務机を含むオフィス家具の購入手段には取扱店舗を実際に訪れて商品を選ぶ方法の他にも、インターネットの通販サイトを利用する方法があります。
オフィス家具を扱う通販サイトも増えてきており、画面上で希望の商品を選んで必要データを入力すればクリック1つで手軽に注文できることから人気が高まっています。
支払方法も一般の通販サイトと同様にクレジットカード決済や銀行振込などが利用でき、登録した住所まで商品を配達してもらうことが可能です。
このようなオフィス家具の通販サイトは余分な流通コストをカットすることで実店舗販売より低価格を実現しているため、大量購入時の購入費用を節約できます。
事務机のラインナップが豊富で商品選択肢が多い点も、オフィス家具通販サイトを利用する企業が増えている理由の1つです。
通販サイトでは実店舗と違って実物を見ることができない点に不安を持つ人も少なくありませんが、商品写真や情報が豊富に掲載されているサイトならイメージも把握しやすくなります。
特に事務机はオフィスの広さや使用する人の体格に合わせて最適なサイズの製品を選ぶことが重要ですので、注文ボタンを押す前にサイズをしっかり確認しておくことが商品選びのコツです。
事務机の購入後には、破損によって修理が必要になったり引き出しの鍵を紛失したりするケースも考えられます。
購入後のサポートがしっかりしている通販サイトを利用すれば、そのようなトラブル発生時にも安心です。

オフィス内装の決め方

男女

新しく自分で会社を作った時に、まず始めなければいけないのは事務所の開設です。
事務所を開くためには、まず物件選びからスタートします。
新しい事業を展開するのに便利な場所と、仕事を行うために必要なスペースのある物件を選定しなければいけません。
物件が決まれば、いよいよ事務所の内装工事をします。
賃貸物件では大幅な工事はできませんが、事務所のレイアウトを決めて事務机や書棚、応接室の備品、電話等の配置を決めていく必要があります。
中でも大切なのが事務机選びです。
当然事務所で仕事をするのは事務机の上となりますので、どのような仕様で数量は幾ついるかを検討して購入しましょう。
そこで事務机を購入するにあたり気をつけるべきことを幾つか紹介します。
まず、購入する前に事務所のレイアウトを決めましょう。
職員の人数や間取りを考慮して、事務机の配置を決めて下さい。
個々人用の事務机を購入するのか、又は共用の大きいオフィス用テーブルにして、皆で集まって仕事をするスタイルにするかで大幅に変わってきますので、スタッフの意見も考慮してレイアウトを決めましょう。
レイアウトが決まれば、事務机の選定です。
レイアウトを決めたことで、事務机の仕様も決まってきます。
大きさや数量、付属の脇机等も選定しましょう。
少しでも購入費用を抑えたいなら、購入仕様書を作成して複数の取扱業者へ送付して見積り依頼をして下さい。
事務机は汎用品なので、単純に費用の安価な業者を選定すると良いでしょう。

職場に合ったタイプを選ぶ

オフィスデスク

事務机は、タイプによって使用方法や相場が異なります。汎用性の高いタイプは平机でして、大きさや素材で相場が異なります。個人机としては、片袖机や両袖机が使用しやすいです。両袖机の方がやや相場は高めです。十分なスペースがあって、パソコンと作業スペースを確保したい場合は、L字型の事務机が良いです。

もっと読む

デスク選びの心得

社内

事務机を選ぶ時、開業直後など予算に余裕がない場合は、安くても新品に劣らない中古品を買うことも大きな選択肢です。また、デザインも大切なポイントとなります。特に色合いには注意しましょう。内装によく合い違和感のないこと、落ち着いて仕事ができるものであることを基準に選びたいものです。

もっと読む

オフィスに欠かせないもの

男の人と女の人

そのオフィスにあった事務机を用意する事はとても大切です。統一感が生まれるので、より作業効率アップが期待できます。また、事務所の見た目がしっかりしている事で、他の企業等から信頼してもらう事ができます。プライスダウンしているものもあります。

もっと読む